4日目飛ばして5日目!チャチャポーヤス!

4日目飛ばして5日目!チャチャポーヤス!

3月27日
久しぶりの夏の気候とクーラーの効いた環境、また最初から飛ばしすぎた日程のせいで、4日目、ついにダウン。
今夜は長距離バスでの移動を予定しているので、無理をせずにチェックアウトの時間まで寝かせていただきます。
ブログを楽しみに読んでいてくれた皆さま、すみません。
(元気であれば、サンドボードをしに行く予定でした。)

夏バテで食欲がなくても、ペルー北海岸にはセビッチェがあります。
冷たくて、レモンでさっぱりで、食べれました!
DSC00133

**********************************************************************

長距離バスでチャチャポーヤスへ
16:00トゥルヒーヨのバスターミナルより、Móvil Tours社のバスに乗ります。
チャチャポーヤスまでは14時間。翌朝の到着です。

**********************************************************************

3月28日
早朝06:00 チャチャポーヤスに到着しました。
バスの中でも寝られたので、昨日よりちょっと元気です!

チャチャポーヤスは、アマゾナス州の州都。標高は2200M。
州都といえど、こじんまりとした静かな町です。

DSC00629

チャチャポーヤスという地名を聞いたことある人は少ないでしょう。一体何がこの土地にあるのでしょうか?
ここ数年の間にペルーに来られた方は、『地球の歩き方』2014~15年版の表紙に見覚えがあるかもしれません。

DSC00767

そう、この不思議な人形?が見られるのがチャチャポーヤスです。

紀元800年頃から、この土地で栄えたチャチャポーヤス文化。
まだまだ謎に包まれた部分が多く、ミステリアスな土地です。

広場に面したカフェで朝ごはんを食べたら、今日はクエラップ遺跡へのツアーに参加します。

天空都市クエラップ

チャチャポーヤスの一番の見どころ、クエラップ遺跡は、マチュピチュより古く、そしてマチュピチュよりも高いところにあります。
規模もマチュピチュに負けない遺跡なのですが、まだまだマイナーな観光地です。
どれくらいマイナーかというと、マチュピチュの入場者数は1日3000人、対してクエラップは30人。

地図上で見るには、そんなに遠くないのですが、クエラップ遺跡までの道のりは過酷でした。
標高差があり、カーブの多い道が続きます。未舗装の所も多いです。
渓谷を挟んで向かいの山の上に、クエラップの城壁が見えているのに・・・!

DSC00189

山の上に600mにも及ぶ石の城壁が見えます。

車で3時間かけて、やっとクエラップに到着です。
ここから徒歩で遺跡へ向かいます。

DSC00195

見えてきました!天空都市!

DSC00201

城壁の先端に到着しました。
この内側に、チャチャポーヤス文化の首都があるのですが、高さ10m以上の壁に阻まれます。

DSC00206

そしてこーんなに長く続く壁。
一体どこから入るのでしょう?

DSC00223

クエラップ遺跡には、3つの入り口があります。
どれも人が一人通れるほどの細い入り口で、たとえ敵が侵入してきても、1人ずつ頭を叩けるよう、このように設計されたようです。
現在は、こちらの入り口が使われています。

DSC00226

中に入ると、そこは、半分ジャングルに覆われた廃墟。
しかし、細かい壁の模様に、チャチャポーヤス文化の技術の高さを伺えます。

DSC00352

ひし形模様は、チャチャポーヤスを象徴する模様だそうです。
神聖な動物の目を表しているとか。

DSC00318

かつては、たくさんの丸い形をした家が立ち並んでいました。
中央にあるのは、復元された家。

DSC00333

こちらは神殿跡といわれています。
開けた場所にあり、とても見晴らしが良いです。

そして、神殿の西側にはこんなかわいい顔が!
夕日に向かって挨拶をしているそうです。

DSC00337

チャチャポーヤスというのは、ケチュア語で、「雲の上の人々」という意味。
クエラップ遺跡の標高は3000m、こんなに高いところに首都を建てたんですね。
こんな景色の良いところに、小さなお家を建てて、住んでみたいなあ!

DSC00289

とても広い遺跡で、見学には3時間以上かかりました。
マチュピチュに匹敵する見ごたえです。

マチュピチュと大きく違うのは、人がほとんどいないこと。
今日はツアーの車が2台ほど着いていたようで、遺跡全体で言っても20人ほどが見学をしていました。
人の少ない遺跡の中に身を置き、風の音に耳を澄ますと、歴史が語りかけてくるようです。

クエラップの丸い家の中には、地面を1m程掘ったくぼみがあり、食料を保管するのに使われていました。
そして、家の主が死ぬと、このくぼみはお墓になりました。
しかも、お墓に入るときはいつもペアで。

想像してみてください。
むかしむかし、この家にはおじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんが亡くなったとき、おばあさんはおじいさんを家のくぼみの中に埋葬しました。
おばあさんが亡くなると、家族はおばあさんをおじいさんと同じくぼみに埋葬したのです。
そしてお墓は閉じられます。

遺跡内では、人骨などもたくさん見つかっています。

帰りもまた、3時間の道のりです。
病み上がりで、夜行バスで到着した体には、かなりしんどい1日となりました。
それでも行った甲斐がありました!クエラップ遺跡は本当にいいところ!

クエラップ行きたいなー、でも大変そうだなーと思ったあなたに朗報です!

クエラップ遺跡へのロープウェイを建設中!!

DSC00169

ロープウェイができれば、チャチャポーヤスから車で約1時間、ティンゴという村から、一気にロープウェイで遺跡まで登れるようになります。
今では車で遠回りをしている渓谷を、約20分で飛び越えることができるようになるのです。

今年7月完成予定!

ロープウェイができたら、観光客が増えてしまうでしょう。
その前に行けてラッキー!
でも、もう往復6時間、車に乗るのは嫌です(笑)

今度はロープウェイで、また行きたいです!