ごあいさつ

1981年乾期の6月に研修旅行にてペルーを訪れ、アンデスの風景と人々に魅了されて、同年12月から ペルーの旅行社クスコ支店の日本語ガイドとして働き始めました。13年間専属日本語ガイドとして働いていましたが、1994年には自然に周囲の人に推されて個人経営のナオツアー旅行社を設立しました。その後は日本語ガイドの仕事をしながら、子育てもしながら、現地のスタッフの人たちに支えられて会社を経営し、現在まで続いています。

始めは東京の手配旅行社と仕事をし、JTB、KINKI、HANKYUなどたくさんの大手のパッケージ旅行を手配していましたが、もう少し直接お客様へ、こちらからの旅の提案をしたくなり、個人の方や、小グループへの働きかけをしてきました。ナオツアーお薦めの旅など始め、忙しくない旅、ゆったりとした旅をコーディネートし、紹介してきました。 絵を描きたい人、写真をたくさん撮りたい人、山を歩きたい人、仲間と旅をしたい、親子で、夫婦で、家族で、ペルーの人たちとの触れ合いがしたい、とそれは様々な旅になります。 個々の旅が心楽しく思い出に残る旅として、心の宝になるような旅をして欲しいというのが私たちスタッフの願いです。

 

ごあいさつ